1. ホーム
  2. 社協の活動について
  3. 障がいのある方に関すること
  4. 障がいのある方に関する相談

障がいのある方に関する相談

一人暮らしで聞こえが不自由です。地域で安心して暮らしていける支援はありますか。

視覚障がいがあり生活に不安を感じています。見守りサービスをしてくれるところはありますか。

地区ごとに見守り活動があります。子どもたちの登下校時の声かけから、高齢者や障がいのある方への安否確認など地域の安心づくりの活動を行っています。

上記の内容に関する問い合わせ窓口

知的障がいの子どもの将来が心配です。私たち夫婦がいなくなった後、お金の管理や通帳の保管、大切な契約ができるか不安です。

施設に入るための契約や手続きがわからず困っています。

判断能力が不十分で日常生活に不安がある高齢者や障がいのある方などの、お金の管理や困りごとを生活支援員がお手伝いします。

上記の内容に関する問い合わせ窓口
いずも権利擁護センター 電話:0853-25-0955

日常生活自立支援事業に関する内容を掲載しております。

法人後見制度に基づき、判断能力が不十分な方の財産管理や契約及び諸手きなどを本人に代わって行います。

上記の内容に関する問い合わせ窓口
いずも権利擁護センター 電話:0853-25-0955

法人後見事業に関する内容を掲載しております。

目が不自由で広報などが読めず情報がわからなくて困っています。広報紙に変わるものはありませんか。

ボランティアによる「声の広報」と「点字広報」を発行しています。広報紙を音訳したCDやカセットテープ、点字で作成したものを無料でご利用できます。種類は、社協だより、広報いずも、市議会だよりです。

上記の内容に関する問い合わせ窓口

音訳広報、点訳広報に関する内容を掲載しております。

目が不自由です。外出するとき、一緒にいていろいろ状況を教えてくれる人はいませんか。

障がいのある方が外出するとき介助する人のことを、ガイドヘルパーといいます。
通勤や通学、買い物など屋外の外出を助けます。市役所で手続が必要です。

上記の内容に関する問い合わせ窓口

出雲市社会福祉協議会 本所 電話:0853-23-3781

簡単な家事仕事や買い物をしてくれる人はいませんか。

“困ったときはお互いさま”の気持ちで障がい福祉サービスなどでは対応しきれないことを、たすけあいボランティアの協力会員がお手伝いします。

上記の内容に関する問い合わせ窓口

たすけあいボランティアに関する内容を掲載しております。

地区でお祭りを開催するにあたり出店団体を探しています。障がい者就労系事業所の出張販売があると聞きました。

市内の障がい者就労系事業所のうちで出店可能な事業所を紹介しています。

上記の内容に関する問い合わせ窓口

出雲市社会福祉協議会 電話:0853-23-3781

障がい者就労系事業に関する内容を掲載しております。

ページの先頭へ