1. ホーム
  2. 社協の活動について
  3. 事業一覧
  4. いずも権利擁護センター
  5. 日常生活自立支援事業

日常生活自立支援事業

日常生活自立支援事業は、認知症高齢者や知的障がい者、精神障がい者など判断能力が十分でない方々が、できるかぎり地域で安心して自立した生活が送れるよう、福祉サービスの相談・利用手続き・代行などの援助を行うものです。

こんなことで困ったり、不安を感じたことはありませんか?

  • ヘルパーに来てほしいけど、どこに頼んだらいいかわからない。
  • 手もとに通帳を持っていると、すぐにお金を使ってしまう。
  • 通帳やお金の置き場所を忘れてしまう
  • 役所などからいろいろな書類が届くけど、内容がよく分からない。

どのような人が利用できますか?

日常生活に不安をかかえている認知症高齢者や知的障がい者、精神障がい者などが対象です。
例えば・・・

  • 福祉サービスをどのように利用していいのか困っている方。
  • 日常生活上さまざまな契約を自分一人で判断するのに不安のある方。
  • 預貯金の出し入れや日常生活に必要な公共料金の支払い方法に不安のある方など。

どのようなことを手伝ってもらえますか?

福祉サービスの利用援助

  • 福祉サービスについての情報提供・助言
  • 福祉サービスに関する手続き
  • 福祉サービスについての苦情解決制度を利用する手続き

書類等の預かりサービス

【保管物件】

  • 年金証書
  • 預貯金の通帳
  • 権利証
  • 契約書類
  • 保険証書
  • 実印、銀行印

日常的金銭管理

  • 年金および福祉手当の受領に必要な手続き
  • 福祉サービスの利用料を支払う手続き
  • 医療費、税金、社会保険料、公共料金等を支払う手続き
  • 上記の支払いにともなう預金の払い戻し、預金の解約、預金の預け入れの手続き

サービスの利用料

福祉サービスの利用援助・日常的金銭管理サービスの利用料金 1時間あたり 1,200円
書類等の預かりサービスの利用料 月200円
(貸金庫利用の場合は別途年500円)

※なお、生活支援員の交通費は利用者の方に実費を負担していただきます。

安心してご利用いただくために
契約締結審査会と運営適正化委員会が設置されています

契約締結審査会 利用者の判断能力に疑義が証おじた場合に、専門的な見地から判断能力の有無の判断を行うとともに、援助内容を行います。
運営適正化委員会 事業の信頼性を高め、安心してご利用いただけるよう、第三者の方々で構成され、事業運営自体の監視が行われます。

サービスの仕組み

サービスのしくみ

問合せ先

いずも権利擁護センター
電話:0853-25-0955 FAX:0853-20-7733

ページの先頭へ