1. ホーム
  2. 社協の活動紹介
  3. 視覚に障がいのある人への理解と盲導犬学習を実施しました

社協の活動紹介

2016年11月22日

視覚に障がいのある人への理解と盲導犬学習を実施しました

11月15日(火)、出雲市立国富小学校において、本会職員が31人の児童に対して「福祉教育」を実施しました。

視覚に障がいのある職員がアイマスクをした児童と一緒に、コイン当てゲームを行い、視覚に障がいのある人がどのようにお金を支払っているのか体験をしました。

見事に触り当てた児童は「お金の真ん中に穴が空いていたから50円だと思った。」と感想を言いました。

また、盲導犬による実際の歩行を児童の前で披露して、盲導犬がどのように育成されるのか、町で盲導犬を使っている人に出会った時の注意事項について説明しました。

職員からは、障がいのある人だけでなく困っている人があれば、声をかけて何をして欲しいか確認して欲しいと支え合いの大切さについて伝えました。

 

20161118-1 kundomisyo.jpg
 

20161118-2 kundomisyo.jpg

ページの先頭へ